【ポケカ】ヒスイ ゾロアークVSTAR性能まとめ

ゾロアークVSTAR性能まとめポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

強化拡張パック「ダークファンタズマ」発売ということで、パッケージにも描かれている《ヒスイ ゾロアークVSTAR》についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ヒスイ ゾロアークVSTARの特徴・性能

ヒスイ ゾロアークVSTAR

《ヒスイ ゾロアークVSTAR》はHP270のポケモンVSTARです。

このカードの特徴を3つに分けてまとめてみます。

少ないエネルギーで最大300ダメージ

1つ目の特徴は無色2エネで打てるワザ「のろいをきざむ」は、最大で300ダメージという高火力を与えることができます。

《ダブルターボエネルギー》なら1度の手張りでワザを打つことができ、火力も280とポケモンVSTARなら一撃で倒すことができます。

高火力を出すための条件として、ダメカンの乗ったポケモンを自分の場に揃える必要がありますが、同じく新弾で登場した《ゲンガー》《ダメージポンプ》が相性抜群です。

ゲンガー、ダメージポンプ

《ゲンガー》はトラッシュに送っておけば、ダメカンが3つ乗った状態で場に出すことができます。

《ゲンガー》にのった3つのダメカンを《ダメージポンプ》で移動すれば、場に合計3体のダメカンがのったポケモンを揃えることができます。

アタッカーとシステムポケモンを兼任

《ヒスイ ゾロアークVSTAR》はアタッカーでありながら自身の特性で《博士の研究》と同じ効果を使うことができます。

対戦で1度しか使えないとはいえ非常に強力で、VSTARパワー+《博士の研究》で一気にデッキを回すこともできれば、VSTARパワー+《ボスの指令》で相手にプレッシャーをかけることも可能です。

ゾロアークさえいればデッキを回せるというのは《アルセウスVSTAR》並みの汎用性です。

無色ポケモンである利点を活かす

無色サポート

《ヒスイ ゾロアークVSTAR》は無色タイプのポケモンなので、《ノコッチ》で弱点を消したり、《パワフル無色エネルギー》で火力を上げたりが可能です。

流行のデッキに合わせて火力を上げるためのエネルギーを足したり、弱点をつかれる対策をしましょう。

また無色ポケモンであるゆえに色んなタイプのポケモンと組み合わせることが可能です。

炎タイプ

炎ポケモン

炎タイプのエネ加速手段であるスタジアム《マグマの滝壺》はベンチポケモンにエネルギーをつける際にダメカンをのせるので、《ゾロアークVSTAR》との相性が良いです。

また炎タイプのポケモンとして《かがやくヒードラン》や《ファイヤー》は自身にダメカンがのっていると火力を上げるので、《ゾロアークVSTAR》に次ぐアタッカーとして期待できます。

特に《かがやくヒードラン》はダメカンの数だけ火力を増し、《マグマの滝壺》の効果と《ダブルターボエネルギー》の手張りで攻撃できることから、《ダメージポンプ》で《かがやくヒードラン》にダメカンを集約した上で高火力での攻めが期待できます。

水タイプ

水ポケモン

水エネルギーを採用する場合はエネ加速手段として《メロン》が使えます。

《ダブルターボエネルギー》1枚で攻撃できる《ゾロアークVSTAR》ですが、《メロン》+手張りで攻撃に必要なエネルギーを用意できるので、《ダブルターボエネルギー》のダメージ-20というデメリットをなくした攻撃がしやすくなります。

特殊エネルギーを必要としないので《ジュラルドンVMAX》への攻撃も可能になります。

さらに苦手な《ミルタンク》対策として非Vたねポケモンの特性を無効化できる《エンペルトV》も《ダブルターボエネルギー》を共有できるのでおすすめです。

いろんなデッキを見れるようになるのが水タイプの利点になりそうです。

闘タイプ

闘タイプ

闘タイプとしては自身の特性でエネ加速とダメカンをのせる動きができる《ルカリオ》がいます。

アタッカーとしても優秀なので《ゾロアークVSTAR》を助ける動きが期待できそう。

また《ドンファン》はエネルギー1つで打てる「じしん」が火力もありつつ、自分のベンチポケモンにダメカンをのせる効果があります。

全員に20ダメージはやや過剰な印象…

炎、水と比べると見劣るものの闘タイプも選択肢の1つになりそうです。

スポンサーリンク

ゾロアークVの特徴・性能

ゾロアークVとディアンシーのコンビでサイドレースを制す

ゾロアークVとディアンシー

《ヒスイ ゾロアークV》はHP210のポケモンVでワザを2つ持っています。

特に1つ目のワザ「うつろがえり」が使いやすく、エネルギー不要で30ダメージを与えつつ、ベンチポケモンと入れ替えることができる。

入れ替えるポケモンとして《ディアンシー》を採用すれば、30ダメージを与えた上で次の相手の番に《ボスの指令》から《ゾロアークV》を守ることができます。

ポケカの対戦では後攻がやや不利と言われていますが、先行2ターン目の相手の攻撃を《ディアンシー》が壁になることで防ぎ、2-2-2でサイドを最短で取られるリスクを減らすことができます。

後攻2ターン目で相手のポケモンVを倒すことができればサイドレースを有利に進められますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は《ゾロアークVSTAR》の特徴をまとめました。

デッキ作り次第、こちらの記事で更新したいと思います。

今回は以上です! 最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】ミュウツーVSTARデッキ考察
【ポケカ】レジギガス デッキ考察 | PJCS2022優勝おめでとう!
【ポケカ】アメイジングイベルタルはガチで強い
【ポケカ】カイリューVSTARデッキ考察

 

コメント