【ポケカ】Aレギュを知らない人間のネオラントVの使い方

ネオラントV考察ポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

1月14日発売の拡張パック「スターバース」に収録されるカードが大量に発表されましたー

その中でも話題になっている《ネオラントV》をプチ考察していこうと思います。

この記事の内容

  • ネオラントVの性能・特徴
  • デッキ案① キングブレイズ・リザードン
  • デッキ案② マスタード型バシャオラ

このネオラントVはその特性からAレギュレーションの代表とも言える《カプ・テテフGX》の再来とか言われているようです。

が、僕はシャイニースターVからポケカをはじめた人間。

Aレギュレーションのことは全く知りません。笑

なので、最近ポケカはじめた人の目線で考察していきたいと思います。

ポケカ経験の長い方、辛辣なコメントお待ちしてまーす。

スポンサーリンク

ネオラントVの特徴・性能

ネオラントV

特性「ルミナスサイン」によって、手札からベンチに出したとき山札からサポートを1枚加えることができます。

《クイックボール》や《ハイパーボール》で手札に加えることができるので、デッキから容易にサポートを持ってこれるようになりました。

後攻1ターン目等、サポートを必ず使っておきたい場面で《博士の研究》等を使えるのはデッキの安定性向上に貢献しそうです。

序盤以外にも《キバナ》や《ダンデ》等の使い方が限定されるカードも使用しやすくなりそうです。

一方でベンチに出した後は水タイプのデッキ以外では置き物になってしまうので、このカード自身が負け筋にならないようなプレイイングが要求されます。

そのあたりは《クロバットV》や《デデンネGX》と似た感じ。

水タイプのデッキには裏工作のインテレオンラインが採用されやすいので、進化なしにサポートを持ってこれる後攻1ターン目以外では輝きが薄いかも。

とはいえ、ベンチに出すだけでサポートを持ってこれる特性は強力なので、思いついた使い方を次に紹介していきます。

スポンサーリンク

デッキ案① キングブレイズ・リザードン

当ブログではお馴染みのキングブレイズ・リザードンデッキ。

【ポケカ】Cマーク無しキングブレイズ・リザードンデッキ【CL2022京都参考】
Cレギュレーションが落ちた後のキングブレイズ(ダンデ)・リザードンデッキのレシピ紹介です。CL2022京都で活躍したクワガノンデッキをヒントにキバナでエネ加速するリザードンデッキを考察してみました。

非Vの天敵として考えなければならないのが《れんげきウーラオスVMAX》。

ワザ「キョダイレンゲキ」でヒトカゲが全滅させられると、キングブレイズ・リザードンデッキは途端に機能しなくなります。

Cマークがレギュ落ちすることでベンチバリアの《ミュウ》も使えなくなり、ベンチを守る手段がなくなります。

しかしキョダイレンゲキもエネをトラッシュする都合上、連発はしにくいはず。

ならば倒される以上のたねポケモンを並べてしまおう。

そこで考えたいのがVMAXクライマックスで登場した《ユウリ》です。

ユウリ

非Vのたねポケモンを3枚までベンチに出すことができる《ユウリ》。

これまでは、といってもVMAXクライマックス発売もつい先日だが、後攻1ターン目にサポートを持ってくる手段がないと、序盤で使えない場合腐りやすいカードという評価でした。

しかし、「ルミナスサイン」の登場により評価が見直されそうです。

十分な数のたねポケモンを序盤で並べることができれば、「キョダイレンゲキ」をくらっても立て直すチャンスがでてきそうです。

考えたデッキレシピがこちら。

ダンデリザードン

やっぱりかわいい女の子カードが1枚あるとデッキの印象が変わりますね。

調整は必要ですが、2022年はこのデッキで遊びたいです。

スポンサーリンク

デッキ案② マスタード型バシャオラ

次のデッキ案は《マスタード れんげきのかた》を採用したバシャオラ。

こちらの記事でも以前考察しました。

【ポケカ】ハイパーボールで輝くマスタード
スタートデッキ100で再録されるハイパーボールによって強化されるカードを紹介。中でも《マスタード いちげきのかた》《マスタード れんげきのかた》に焦点をあててデッキレシピも公開しています。

後攻1ターン目にマスタードからバシャーモVMAXを出してダイブレイズまでを狙っていきます。

マスタードは手札がマスタード1枚のときしか使用できないので、ハイパーボールからネオラントVを持ってくれば、手札消費とマスタードサーチが同時に実現できます。

デッキレシピはこちら。

バシャオラ

バシャーモ、ゼラオラにニンフィア加えることで弱点補完がほぼ完璧になるのは魅力ですよね。

一撃と違ってマスタードの対象カードをデッキに戻す必要がなく、かつエネルギーもダイブレイズを考えるとトラッシュにあったほうがいいので、ヤレユータンの採用は悩みどころです。

ボスの指令をもどしたり、バシャーモを出したターンに確実に手張りできるように採用しましたが、要検討です。

後攻1ターン目ダイブレイズをはやく試してみたいです。

スポンサーリンク

まとめ

強力な特性を持つネオラントVの登場で戦略が大きく変わっていきそうですね。

裏工作といったサポートをサーチする手段はあるものの、進化の必要がないので1ターン目から必要なカードを持ってこれるのは魅力です。

スターバースの発売が待ち遠しいです!

今回は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】Cマーク無しキングブレイズ・リザードンデッキ【CL2022京都参考】
【ポケカ】非Vの新エース「ドダイトス」デッキを考察
【ポケカ】アメイジングイベルタルはガチで強い
【ポケカ】アルセウスVSTAR対策!黒馬エルフーンVSTARデッキ紹介。

コメント