【ポケカ】ハイパーボールで輝くマスタード

マスタードとハイパーボールポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

今回は2021年12月発売のスタートデッキ100で再録されるハイパーボールにフォーカスしていきます。

特にハイパーボールの効果と相性の良いマスタードを組み合わせて使うデッキを組んでみたので紹介していきます。

スポンサーリンク

ハイパーボールとマスタードは相性バツグン

ハイパーボール

ハイパーボールは手札を2枚トラッシュすることで、好きなポケモンを手札に加えられるカードです。

ハイパーボールの手札を2枚トラッシュという効果が、手札が1枚のときしか使えないマスタードと相性が良いです。

まずはハイパーボールの特徴から整理します。

ハイパーボールの性能・特徴

ハイパーボール

カードの効果を分解してみてみましょう。

前提条件

  • 手札にハイパーボールがある
  • 手札にハイパーボール以外のカードが2枚以上ある

効果

  • 手札のハイパーボールをトラッシュする(-1
  • 手札のカードを2枚トラッシュする(-2
  • デッキからポケモンを手札に加える(+1)

僕はカードゲームにおいて手札を増やすことが重要だと考えています。

その観点からするとハイパーボールは3:1の交換になるので、使用後は手札が減るカードです。

一方でポケモンカードにおいて必要なポケモンを手札に加えられることもまた大切で、たねポケモン、進化ポケモン問わずに持ってこれるハイパーボールの効果は強力です。

以前にポケモン通信を考察した記事でも書いたとおり、ハイパーボールもまたデメリットはあるんだけど、それを打ち消すほどのメリットがあるというカードになりそうです。

【ポケカ】ポケモン通信はデッキに必須なのか
ポケモンカードのデッキ構築の考察記事です。カードの価格が高騰しデッキに必須級のカードですら気軽に買い求められないことから、多くのデッキに採用されているポケモン通信はデッキに必ず入れる必要があるのかを考察しています。

それはすなわち何も考えずに4枚デッキに積むべきではなく、デッキによって枚数を調整すべきカードとも言えそう。

しかし手札をトラッシュする効果を強く使い、デメリットをメリットにできればかなり強力なカードになりそうです。

カードゲームにおいてトラッシュは第2の手札なのだよ。

ハイパーボールと相性の良いカード例

V-UNION

V-UNION

たねポケモンでもなく進化ポケモンでもないV-UNIONは山札から手札に加える方法が限定的で使いにくいカードでした。

ハイパーボールであれば手札に加えることもできるし、加えたカードをトラッシュすることで場に出す条件を揃えることができます。

クロバットV、ゲノセクトV

ゲノセクトV、クロバットV

クロバットVやゲノセクトVといったカードを山札から引ける枚数に上限があるカードは、特性を使う前にハイパーボールで手札を減らすことで引く枚数を増やすことができます。

好きなポケモンを加えつつ、カードをドローできるのは強力ですね。

あとはターンが終了してしまうけど、くいだめのカビゴンも相性良さそう。

トラッシュからエネ加速

トラッシュからエネ加速

トラッシュからエネ加速できるカードとも相性が良いです。

ハイパーボールでエネをトラッシュしつつガラルファイヤーVやモココを加えることで、トラッシュしたカードをエネルギーに還元できます。

マスタードとハイパーボール

マスタード

ハイパーボールと相性の良いカード例をいくつか取り上げましたが、個人的に注目しているのが《マスタード いちげきのかた》《マスタード れんげきのかた》との組み合わせ。

マスタードは、れんげきのかたを例に取ると、①トラッシュかられんげきのポケモンをベンチに出す ②山札から5枚引くという効果をもっています。

トラッシュから出すポケモンはたねポケモンである必要がないので、いきなり2進化ポケモンを出すことも可能です。

一方でその強力な効果を使うためには、手札をマスタードのみにするという前提条件があります。

そこでハイパーボールの手札を捨てる効果を活用することで、よりマスタードが使いやすくなります。

スポンサーリンク

デッキを組んでみた

サンダースVMAX/ミュウVMAX/マスタードれんげきのかた

本来ならいちげき・れんげき主体のデッキを紹介したかったのですが、今回はちょっと変わったデッキを紹介。

サンダースV/ミュウV

サンダースVMAX/ミュウVMAXのデッキです。

こちらの記事でサンダースVMAXのデッキ紹介をしたのですが、そのときの派生デッキです。

(派生と言っていいか微妙)

【ポケカ】サンダースVMAXが新環境で強すぎる!
サンダースVMAXのデッキ考察です。ミュウVMAXの出現やCレギュレーションが落ちることで価値を高め、価格も急激に高騰している注目のサンダースVMAX。PTCGO環境で実践してみた感想も合わせて紹介しています。

デッキ構築の経緯

サンダースVMAXは以下の理由でいま注目のカード。

  • 苦手とするれんげきウーラオスVMAXの減少
  • Cレギュ落ちの影響
  • 裏工作インテレオンラインの増加

一方で減少傾向にあるものの一定数いるれんげきウーラオスVMAXには「しっぷうづき」でワンパンされる弱点を抱えています。

そこで対策としてミュウVMAX。

こちらはTwitterで良くしていただいている方からアドバイスをもらって検討はじめました。

  • ウーラオスに弱点をつける
  • サンダースVMAXと同じく逃げエネ0
  • 無色エネでワザが打てる
  • オドリドリの情熱のしずくでダメカンをばらまける

こういった特徴はサンダースVMAXと相性が良さそうです。

ハイパーボール&マスタード&ゲノセクトV

サンダースVMAXの火力を最大限活用するためには、ベンチにダメカンをおける相棒が不可欠です。

通常はクイックシューターのインテレオン、かんしゃくヘッドのガラルジグザグマを採用します。

しかしミュウVMAX、ゲノセクトVを入れることでインテレオンラインを入れるほど枠がなく、回収ネットを共用できるインテレオンラインがなくなれば、ガラルジグザグマも採用していいのか迷いました。

そこで、《マスタード れんげきのかた》からクイックシューターを後攻1ターン目から置く方法を考えました。

仮にマスタードが打てなくても、ゲノセクトVの特性を強く使えるので戦術の相性は良いのではという思いつきです。

これぞハンドレスコンボ(笑)

実際に使ってみるとそこそこ戦えました。

ベンチが渋滞してしまったり、れんげきがインテレオンしかいない等の課題はあるものの、回してて楽しいデッキです。

スポンサーリンク

まとめ

ハイパーボールの再録はポケモン通信の代替手段ではなく、新たなデッキタイプの出現を予感させます。

今回紹介したマスタードを絡ませたデッキだと、やはりバシャーモVMAX/ゼラオラVを作っていきたいです。

バシャオラ

  • ハイパーボールでトラッシュにれんげきポケモン、エネを送る
  • バシャーモVMAXにれんげきエネルギーまたはダブルターボエネルギーを貼る
  • ダイブレイズによるエネ加速

拡張パック「スターバース」に収録予定のダブルターボエネルギーが使えるようになれば、バシャーモVMAXがワザを使うためのエネを準備することが容易になるので活躍してくれそうです。

12月、1月の環境の変化が楽しみですね。

今回は以上です!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】ロストバレットちょい考察
【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ
【ポケカ】攻めのジャローダVSTAR
【ポケカ】きままにおよぐデッキを作ってみた

コメント