【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ

ミルタンク対策まとめポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

今回はデッキを作るとき必ずしも考える《ミルタンク》対策についてまとめていきます。

2022年2月発売の強化拡張パック「バトルリージョン」で登場した《ミルタンク》は特性「ミラクルボディ」により、相手の「ポケモンV」からワザのダメージを受けないというカードです。

ミルタンク

ポケモンVにはVSTAR、VMAX、V-UNIONも含まれるので、《パルキアVSTAR》や《アルセウスVSTAR》等の今活躍している多くのカードからダメージを受けないというカードです。

この記事では《ミルタンク》の対策方法をまとめて紹介します。

この記事の内容

  • ミルタンクに強いポケモンV
  • タイプ別対策カード
  • ミルタンクとの戦い方
スポンサーリンク

ミルタンクに強いポケモンV

ポケモンVからダメージを受けない《ミルタンク》ですが、「相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない」という効果のワザを持っているポケモンであれば対策が可能です。

ギラティナV

ギラティナVSTAR

拡張パック「ロストアビス」に収録される《ギラティナVSTAR》の進化元である《ギラティナV》のワザ「ひきさく」は《ミルタンク》にダメージを与えられることのできるワザです。

相手の場に《ミルタンク》が出たら進化させずに《ギラティナV》で戦うことで対策ができますね。

ザシアンVSTAR

ザシアンVSTAR

2022年8月発売の「VSTARスペシャルセット」のプロモパックに収録される《ザシアンVSTAR》のワザ「ブレイクエッジ」も《ミルタンク》にダメージを与えることが可能です。

《ミルタンク》対策とはズレますが、弱点を計算しないため鋼タイプ弱点のポケモンVを1回の攻撃で倒せない可能性がある点が気になりますね。

ミュウVMAX、ジュラルドンVMAX

ジュラルドンVMAX,ミュウVMAX

ポケモンVMAXでは《ミュウVMAX》《ジュラルドンVMAX》がそれぞれ《ミルタンク》にダメージを与えるワザを持っています。

これらのカードはデッキの主役となるカードなので、《ミュウVMAX》と《ジュラルドンVMAX》のデッキでは特別《ミルタンク》対策のカードは不要となります。

他にも《ドラパルトVMAX》のワザ「ひきさく」もミルタンクにダメージを与えられますが、ダメージが60と1回の攻撃では《ミルタンク》を倒せない点に注意です。

その他のポケモンV

ミルタンク対策のポケモンV

《ヒスイ ジュナイパーV》はワザ「きんせつしゃげき」が《ミルタンク》に有効で、闘タイプのポケモンのため弱点込みで《ミルタンク》を1回の攻撃で倒すことができるポケモンVです。

《ダブルターボエネルギー》に対応しているため、主役となるポケモンVと《ダブルターボエネルギー》を共用できる場合に選択肢にしやすいです。

また《ギルガルドV》もワザ「ソニックエッジ」で《ミルタンク》を倒すことができます。

その他、《スターミーV》《カイリューV》も《ミルタンク》に有効なワザを持っていますが、1回の攻撃ではきぜつさせられない点に注意です。

《エンペルトV》も紹介しておきます。

エンペルトV

《エンペルトV》は特性「エンペラーアイ」により《ミルタンク》の特性「ミラクルボディ」を無効化できるので、このカードも《ミルタンク》対策になりますね。

このカードは《ミルタンク》以外にも《レジギガス》や《ミュウ》《ディアンシー》等の特性を持っている非Vのポケモン相手にも有効な点が優秀です。

スポンサーリンク

タイプ別対策カード

続いてポケモンV以外の《ミルタンク》対策カードを紹介します。

ここで紹介するカードはデッキのメインになるカードではなく、ポケモンVを主軸とするデッキでも数枚採用できるカードに絞って紹介します。

非Vが主体のデッキはそもそも《ミルタンク》対策不要ですからね。

※随時更新予定

炎タイプ

ほのおタイプのミルタンク対策

《ファイヤー》はエネルギー1個で攻撃できる炎タイプのダメージ調整役です。

最大90ダメージなので1回の攻撃で《ミルタンク》を倒せないですが、《タフネスマント》がついていなければ20+90で倒せるので候補に入れてみました。

またかがやくポケモンである《かがやくリザードン》《かがやくヒードラン》も《ミルタンク》にダメージを与えられる優秀なアタッカーです。

水タイプ

水タイプのミルタンク対策

特性「うらこうさく」のラインが採用されているデッキであれば、《インテレオン》で《ミルタンク》対策になります。

ワザ「アクアバレット」は1回の攻撃で《ミルタンク》を倒せるので優秀ですね。

そして《コオリッポ》のワザ「ブロックフェイス」はダメージを与えた上で次の番にたねポケモンからワザのダメージを受けなくなるので、最強の《ミルタンク》対策カードです。

ハピナスミルタンクデッキ等、たねポケモンしか採用していないデッキであれば《コオリッポ》だけで相手を詰ませることも可能になるカードです。

悪タイプ

悪タイプ

悪タイプは対策の手段が豊富です。

《ガラルファイヤー》はワザ「もえあがるいかり」によりサイドが3枚以上とられていれば《タフネスマント》付きの《ミルタンク》ですら1回の攻撃で倒せます。

《ガラルタチフサグマ》は《コオリッポ》同様にワザを使った次の番にたねポケモンからダメージを受けなくなる「ブロッキング」を持っているので、特性「かんしゃくヘッド」の《ガラルジグザグマ》を採用しているデッキでは候補になりそう。

特性「かがくへんかガス」の《ガラルマタドガス》はワザ「バッドポイズン」で毒状態にしてダメージを与えられるので《かがやくヒスイオオニューラ》と合わせて毒で《ミルタンク》と戦えます。

スポンサーリンク

ミルタンクとの戦い方

ミルタンク

ミルタンクとの戦い方のポイントをいくつか記述します。

ベンチにポケモンを並べない

《ミルタンク》はワザを1つしか持っておらず、そのワザ「けちらす」は相手のベンチポケモンの数だけダメージが上がります。

自分のベンチにポケモンが1匹だけの場合は30ダメージしか出ないので、火力の低いポケモンでも数ターンかけて倒すことが可能です。

ベンチにポケモンを無策に並べないよう気をつけましょう。

ミルタンクを倒し続ける必要があるか

対戦相手のデッキに《ミルタンク》が1枚ずつ採用されている場合は、《キャンセルコロン》や《フヨウ》といったトレーナーズで突破が可能です。

キャンセルコロンとフヨウ

しかし最大4枚の《ミルタンク》が採用されている場合は、《ミルタンク》だけで戦ってくる場合もあり《キャンセルコロン》だけでは対策にならない可能性が高いです。

また《ミルタンク》対策用のカードを1枚だけ採用している場合は、そのカードがサイドに落ちたり、倒されてしまったりすると詰んでしまうこともあるでしょう。

《ヒスイのヘビーボール》や《ふつうのつりざお》《クララ》等でサイド落ちやトラッシュにいった際のケアができているかも確認してみましょう。

そもそも対策をしない

《ミルタンク》ばかりを意識しているとデッキ自体に普段使わないカードが増えるリスクもあります。

ジムバトルなどの対戦回数が少ない大会では《ミルタンク》と出会わない可能性も高いです。

あえて《ミルタンク》対策を捨てて、出てきたら諦めるくらいの覚悟があっても良いかもしれません。

スポンサーリンク

おわりに

今回は《ミルタンク》対策のカードをまとめました。

対戦で遭遇するとやっかいなカードで、ポケモン金銀をプレイしたことのある人はポケカでも《ミルタンク》がトラウマになる可能性もありますね…

自分はこんな対策をしているよというのがあれば、コメントお待ちしています。

ポケモン好きな人とつながりたいので、ぜひTwitterのフォローをよろしくお願いします!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】きままにおよぐデッキを作ってみた
【ポケカ】ロストバレットちょい考察
【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ
【ポケカ】ミュウツーVSTARデッキ考察

コメント