【ポケカ】ミュウツーexデッキについて考えてみた【レイジングサーフ】

ミュウツーexデッキ ポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

今回は9月22日(金)に発売予定のスターターセット テラスタル「ミュウツーex」から《ミュウツーex》を使ったデッキを紹介します。

スポンサーリンク

ミュウツーexの特徴・性能

ミュウツーex
たね/HP 230/タイプ 雷

ワザ
超 トランスチャージ
自分のトラッシュから「基本超エネルギー」を2枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。

超超 フォトンキネシス 10+
自分のポケモン全員についている超エネルギーの数×30ダメージ追加。

弱点 闘/抵抗力 –/にげる 2

《ミュウツーex》は雷タイプのポケモンexで、ワザ「フォトンキネシス」は場のポケモンについている超エネルギーの合計分ダメージが追加されます。

超エネルギーといえば、《サーナイトex》が真っ先に思いつきますが、テラスタルにより雷タイプとなっているため、《サーナイトex》の特性によってエネルギーをつけることはできません。

しかし、同じスターターセットに収録されている《ネイティオ》と組み合わせることで強く使えそうなカードです。

特徴を3つピックアップします。

  1. ネイティオの特性で大ダメージを狙おう
  2. 雷タイプで環境ポケモンに弱点をつく
  3. 序盤のデオキシス、終盤のミュウツーex

《ミュウツーex》というよりスターターセットの特徴になっていますが…

具体的に見ていきましょう。

 

ネイティオの特性で大ダメージを狙おう

スターターセットに同梱されている《ネイティオ》は特性「アカシックスセンス」で《ミュウツーex》を強力にサポートします。

ネイティオ
1進化/HP 100/タイプ 超

特性
アカシックセンス
自分の番に1回使える。自分の手札から「基本超エネルギー」を1枚選び、ベンチポケモンにつける。その後、自分の山札を2枚引く。

ワザ
超超無 ちょうねんりき 80

弱点 悪/抵抗力 闘/にげる 1

《ネイティオ》の特性「アカシックスセンス」で手札から基本超エネルギーをベンチポケモンにつけつつ、山札から2枚引くことができます

あの《こくばバドレックスVMAX》の特性「めいかいのとびら」と同等、いやエネルギーのつけ先が超ポケモンという縛りがない分より強力な特性を非ルールの《ネイティオ》が得ました。

ミュウツーex+ネイティオ=雪道を突破する黒馬

《霧の水晶》が序盤は進化元の《ネイティ》、中盤以降は《ネイティオ》の特性でドローするための基本超エネルギーに変わるので使い勝手がよいです。

《ネイティオ》の特性で場に大量のエネルギーを供給し、《ミュウツーex》のワザ「フォトンキネシス」の火力を上げて使いたいです。

 

雷タイプで環境ポケモンに弱点をつく

雷タイプであるがゆえに《サーナイトex》から直接のサポートをもらえなかったものの、《ルギアVSTAR》や《インテレオンVMAX》等のCL2024横浜で活躍したカードたちに弱点をつけれるのが利点です。

最低5枚のエネルギーが場にあれば、弱点をつくことで環境ポケモンを1度の攻撃で倒すことができます。

 

序盤のデオキシス、終盤のミュウツーex

《ネイティオ》による強力なサポートはあるものの、やはり序盤はエネルギーが場に少なく《ミュウツーex》が活躍するのはやや難しいです。

そこで同じスターターセットに入っている《デオキシス》が序盤を担ってくれそうです。

デオキシス
たね/HP 120/タイプ 超

ワザ
超 サイコパンチ 30

超超超 ゲノムスパイラル 120
このポケモンについているエネルギーをすべて、ベンチポケモンに好きなようにつけ替える。

弱点 悪/抵抗力 闘/にげる 1

ワザ《ゲノムスパイラル》は120ダメージを与えつつ、《デオキシス》についているエネルギーをベンチポケモンに好きなように付け替えられます。

エネルギーがついた状態でポケモンが倒されると《ミュウツーex》のワザの威力が下がってしまうため、エネルギーをいかに場に残し続けるかがポイントになります。

そこで《デオキシス》であれば、攻撃後にエネルギーを逃がすことができるので、次の相手の番に倒されても、場のエネルギーの数を減らすことなく《ミュウツーex》につなげることが可能です。

 

スポンサーリンク

デッキレシピ

p3pXEy-38SELV-pyy2X3

デッキコード:p3pXEy-38SELV-pyy2X3

今回組んできたデッキはスターターセットの《ミュウツーex》《ネイティオ》《デオキシス》をメインとしたデッキです。

ネイティオライン4-4はスターターセットが2つ必要になるのがネックですが、やはりデッキのメインエンジンなので最大枚数採用したいです。(スターターセットには3枚ずつ収録されてる)

そこに使い勝手のよい《ミュウex》と「漆黒のガイスト」の《クレセリア》を採用しました。

《クレセリア》はワザ「クレセントグロウ」により、山札から超エネルギーを1枚、後攻プレイヤーの最初の番なら3枚を自分のポケモン1匹につけることができ、《ミュウツーex》と相性がよいです。

また最初のターンに複数体の《ネイティ》を立てたいので《イキリンコex》で1ターン目を強くできるようにしています。

スタジアムには《頂への雪道》を採用し、《ネイティオ》の特性は止めることをせず、相手のルールを持つポケモンの特性を止めることができます。

スターターセット自体がかなり強力なデッキになっているので、このデッキを参考にカスタマイズしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

おわりに

スターターセット テラスタル「ミュウツーex」から《ミュウツーex》を使ったデッキを紹介しました。

同日発売の「レイジングサーフ」収録カードについてもまとめているので、こちらの記事をあわせて参考にしてみてください。

【ポケカ】レイジングサーフ注目カードまとめ
9月22日発売の強化拡張パック「レイジングサーフ」と同日発売のスターターセット テラスタル「ミュウツーex」と「ラウドボーンex」の注目カードを紹介します。

今回は以上です!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】カイリューexデッキ作ってみた【ポケモンカード151環境】
【ポケカ】33歳初心者がはじめてジムバトルに参加してきた話
【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】スクランブルバトルに行ってきた!ポケカくじの内容は...
【ポケカ】ミュウツーexデッキについて考えてみた【レイジングサーフ】

コメント