【ポケカ】ミュウツーVSTARデッキ考察

ミュウツーVSTARデッキ考察ポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

今回は強化拡張パック「Pokémon GO」で登場する《ミュウツーVSTAR》を考察していきます。

《ミュウVMAX》が環境で大暴れしているので、《ミュウツーVSTAR》にも期待を持ってしまいますがなかなかに使い勝手が難しそうなカード…

一緒にデッキに入れると相性が良さそうなカードを並べて見て、デッキを作るところまでまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ミュウツーVSTARの特徴・性能

ミュウツーVSTAR

《ミュウツーVSTAR》はVSTARの中でも280と高いHPを持っています。

後述しますが自身のワザの最大火力が270なので、HPが280あるのは良い点ですね。

弱点が悪、抵抗力が闘と標準的な超タイプの性能を持っていて、逃げエネが2なのも《ふうせん》で逃げれるので及第点。

続いてワザを見ていきます。

最大火力270のワザ「サイコパージ」

超無の2つのエネルギーで打てるワザ「サイコパージ」は自分の場のポケモンについている超エネルギーを3枚までトラッシュすることで、最大で270ダメージを出すことが可能です。

自分自身のエネルギーである必要はないですが、高火力を維持するためにはエネルギーを場に加速する手段を考える必要がありますね。

また最大270ダメージはVMAXはもちろん、環境トップの《オリジン パルキアVSTAR》や《アルセウスVSTAR》のHPにわずかに届かないので、打点を補助できるカードの採用も併せて検討したいです。

ミュウツーVSTARの打点補助

《こだわりベルト》で最大300ダメージまで到達でき、《ガラルジグザグマ》の「かんしゃくヘッド」で10点のせられれば《ミュウVMAX》のHPまで到達できます。

《オドリドリ》や《フュージョンエネルギー》を考えるとそこまで簡単ではないが…

その他、スタジアムで《大口の沼》や《いにしえの墓地》でダメージを蓄積させたり、《ホラー超エネルギー》も牽制に役立つ可能性があります。

肝心のエネルギーの加速手段については後述します。

VSTARパワー「スターレイド」

《ミュウツーVSTAR》のVSTARパワー「スターレイド」は相手のポケモンV全員に120ダメージを与えることができます。

《ミュウVMAX》デッキ相手なら大量に場に展開されている《ゲノセクトV》にダメージを与えたり、その他のデッキでも主力のポケモンVや《クロバットV》《ネオラントV》にしっかりとダメージを与えることができます。

VSTARパワーとの相性

組み合わせるカードとしては《望遠スコープ》による火力upはもちろん、《ルナアーラ》のワザ「ルナティックペイン」でダメージを2倍にして一気に勝負を決めたり、ダメカンが乗ったポケモンVに《ガラルフリーザー》で倒すといった方法が考えられます。

注意点としては《マナフィ》でベンチへのダメージが防がれる他、非V主体のデッキではダメージを与えることができないことが挙げられます。

進化元のミュウツーVは控えめな性能

ミュウツーV

進化元の《ミュウツーV》はやや控えめな性能をしており、このカードで戦っていくというよりは《ミュウツーVSTAR》への進化が必須になりそうです。

HPが220ある点だけ評価すべきか。

スポンサーリンク

超エネルギーの加速手段

超エネルギーの加速手段

《ミュウツーVSTAR》のワザ「サイコパージ」を強く使うためには超エネルギーの場への加速手段を考える必要があります。

ここではいくつか超エネルギーの加速手段を紹介します。

ピッピの「おつきみパーティ」

《ピッピ》の特性「おつきみパーティ」は自分のベンチにいる《ピッピ》全員に超エネルギーを1枚ずつつけることができるので優秀なエネルギー加速手段です。

バトル場を入れ替えて1ターンに複数の《ピッピ》で特性を使えば大量のエネルギーを場に出すことができます。

自身の持っているワザ「ワンダーストーム」も特性と相性がよく《ピッピ》自身がアタッカーになれる点も魅力です。

この《ピッピ》と特性「フロンティアロード」の《アヤシシV》を組み合わせたデッキも有名ですね。

懸念点は《ミュウツーVSTAR》を混ぜるより《ピッピ》と《アヤシシV》で戦ったほうが強い可能性があること…

クレセリアの「クレセントグロウ」

《クレセリア》のワザ「クレセントグロウ」は後攻1ターン目に使えば一度に3枚のエネルギーをつけることができるので、次のターンには《ミュウツーVSTAR》の最大火力でワザを打つことが可能です。

ワザのため使ったら相手の番になってしまうため、《ボスの指令》等でエネルギーをつけたポケモンを倒される可能性がある点に注意です。

こくばバドレックスVMAXの「めいかいのとびら」

超タイプのエネルギー加速手段といえば《こくばバドレックスVMAX》。

特性「めいかいのとびら」でドロー+エネルギー加速ができるので強力です。

一方で《こくばバドレックスVMAX》のワザは場のエネルギーに比例してダメージを増すため、エネルギーをとラッシュする《ミュウツーVSTAR》との相性は要検討です。

ガラルフリーザの「れいこくチャージ」

《ガラルフリーザ》の特性「れいこくチャージ」は一度に2枚の超エネルギーを加速できます。

《クララ》でトラッシュからエネルギーとこのカードを手札に回収することで、確実にエネルギーを加速することができます。

またワザ「サイコレーザー」はベンチにも120点出せるので、VSTARパワー「スターレイド」と合わせてポケモンVを倒す動きも期待できそうです。

ラティアス・ラティオス

フュージョンポケモンの《ラティアス》と《ラティオス》はその特性で互いにエネルギーをつけ合うことが可能です。

フュージョンポケモンなので《ゲノセクトV》と合わせることで、消費した手札を回復することができ、《ミュウVMAX》デッキのような動きも期待できそうです。

 

その他《ザシアンV》や《ラブトロスV》のようなポケモンも超エネルギーを加速できますが、やはりエネルギーをつけた後に相手に番がわたってしまう点が気になります。

スポンサーリンク

デッキレシピ

2yypRM-xcdVoV-MSy2My

デッキコード:2yypRM-xcdVoV-MSy2My

こちらが今回作ったデッキです。

超エネルギーの加速には《ミュウツーVSTAR》と同じパックに収録される《ソルロック》と《ルナトーン》を採用しました。

ソルロック、ルナトーン

《ソルロック》は特性の「サンエナジー」でトラッシュから《ルナトーン》に超エネルギーをつけることができます。

《ミュウツーVSTAR》のワザ「サイコパージ」でトラッシュしたエネルギーを《ルナトーン》に回収して繰り返し最大火力を狙います。

また《ルナトーン》自身も超エネルギーが3枚ついていれば120ダメージを出せるので、《ミルタンク》対策としても活躍しそうです。

またデッキを回す役割としては《かがやくゲッコウガ》《チルタリス》《トレッキングシューズ》を試してみました。

《チルタリス》の特性でデッキトップにサポートを呼んできて、《トレッキングシューズ》や《かがやくゲッコウガ》で回収していく動きを想定しています。

実際に回してみると《ミュウVSTAR》を倒された後の復帰が難しいなという印象だったので、《キバナ》で盤面を維持できるように2枚採用しています。

いかにエネルギーを継続させるかが《ミュウツーVSTAR》を使う上でのポイントになると思うので、《ミュウツーVSTAR》自身にエネルギーを加速できる手段がもう少しほしいなという感想を持ちました。

スポンサーリンク

おわりに

今回は《ミュウツーVSTAR》のデッキを考察しました。

実際に使ってみるとエネルギーを消費するタイプのワザを持つポケモンは、使うのが非常に難しいなと感じました。

まだこれが正解というデッキが組めていないので、発売後の環境を見て再考してみたいと思います!

今回は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ
【ポケカ】ロストバレットちょい考察
【ポケカ】攻めのジャローダVSTAR
【ポケカ】きままにおよぐデッキを作ってみた

コメント