【ポケカ】シティリーグ2023 シーズン2出場日記

アルセウスコケコポケカ
スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます!

2023年がスタートして早々にシティリーグに参加してきましたので結果報告をします。

1月5日(木)に竜星のPAO 大宮店さんで開催された「シティリーグ2023 シーズン2」に参加して、結果はなんと…

ベスト8でした!!

初のトーナメント進出かつ1回戦勝てたので、新年幸先がいいスタートを切れました。

この記事ではデッキ構築から当日のマッチングまでを紹介していきます。

この記事の内容

  • デッキ構築経緯
  • 練習方法
  • 当日のマッチング

 

スポンサーリンク

デッキ構築経緯

CL2023京都でレジギガスデッキが優勝したものの、依然としてルギアVSTARやミュウVMAX、ロスト系統のデッキが環境に多く存在し、CL2023京都で健闘したムゲンダイナVMAXも一定いるなという印象を持っていました。

そこでそれらのデッキに強く、かつ使い慣れているアルセウスVSTARのデッキであるアルセウスVSTAR/カプ・コケコVMAX/ピカチュウVMAXのデッキを握ることとしました。

cxxDcK-1XuLS5-4Jcx8J

デッキコード:cxxDcK-1XuLS5-4Jcx8J

このデッキの選択理由としては以下の3つがありました。

1.スターバースによるプレイの再現性

2.ダイショックによる逆転プラン

3.ダイバルーンの完封性能

サイドレースを先行されると追い抜くのが難しい環境で、マヒによる追い上げプランがあることが魅力であり、レジギガスデッキやロスト系統のデッキをダイバルーンで完封可能なところも環境にマッチしていると考えました。

また《頂への雪道》と《マリィ》で相手に干渉し続けることもプレイイングの拙さを補ってくれると思いデッキ選択にいたりました。

このアルセウスコケコには《トレッキングシューズ》で後攻1ターン目の雪道マリィを決めやすくする構築と《マリィ》《博士の研究》《アクロマの研究》を合計9枚積むことで縦引き力を強くする構築がありましたが、どちらも回してみた結果《博士の研究》を序盤から使っていき終盤にマヒと合わせて《マリィ》を使っていくプランが強いと感じサポートを多く採用する型を選択しました。

スポンサーリンク

練習方法

本番までの練習はジムバトルなどに行く時間が仕事が多忙なこともあり取れなかったため、PTCGOでのオンライン対戦がメインになりました。

幸いなことに《かがやくムゲンダイナ》等のカードを除けば、使えるカードがオンラインとオフラインでそこまで差がないことと、本番で使いたいデッキと同じデッキをPTCGO上で組めたことが幸いし、スキマ時間を使いながら練習を重ねることができました。

オンラインで対戦していての懸念点はミュウVMAXデッキとの勝率が高くないことと、ミラーマッチの練習がそこまでできなかったことです。

ミュウVMAXはこのデッキがそもそも得意としておらず、雪道マリィに依存してしまうものの、対策のために《ドラピオンV》を採用してしまうとデッキの安定性が下がることも考え、マッチング運にかけることとしました。

一方でミラーマッチはずっと苦手にしていたので、そこの練習ができなかったことが不安でした。

スポンサーリンク

当日のマッチング

1戦目 ロストバレット

ここはプラン通り《そらとぶピカチュウVMAX》に《ビッグパラソル》をつけて単騎で戦っていく方法をとりました。

結果としてアルセウスからピカチュウにスムーズに移行できて勝利することができました。

2戦目 ルギアVSTAR

初手が《そらとぶピカチュウV》スタートで手札がエネだらけだったので軽く絶望しました。

雪道マリィでお祈りするものの、《カイ》から《ロストスイーパー》をサーチされて、そのまま流れるように敗北しました。

やはりルギアは強い…

3戦目 ドガスダイナ

アルセウス-コケコ-コケコで準備してひたすら雪道を貼って勝利しました。

《ビッグパラソル》で毒を防げるのがすごく便利でした。

4戦目 ルギアVSTAR

先行を取ることができて場にアルセウス、ベンチにコケコ2体を準備できました。

貼った雪道は《バケッチャ》で割られるも、《アーケオス》1体の「スタークロノス」であったことと、《パワフル無色エネルギー》がサイド落ちしてたことでアルセウスがワンパンされなかったことで勝利しました。

5戦目 ルギアVSTAR

初手が場に《カプ・コケコV》のみで手札がエネルギーばかり。

なんとか追いつくプランを考えるも、序盤の事故を引きずりそのまま敗北しました。

 

予選おわって3勝2敗でトーナメント進出は難しいと思いましたが、2戦目で負けた対戦相手の方が全勝だったこともあり予選12位でトーナメントに進出できました。

トーナメント1回戦 裏工作パルキア

《フリーザー》のマヒを警戒して《ビッグパラソル》をとっておきたかったものの、序盤の博士の巻き添えで2枚ともトラッシュへ。

しかし、最短でアルセウス-コケコ-コケコが完成し、雪道も貼れたので勝利しました。

トーナメント2回戦 アルセウスコケコそらとぶピカチュウ

ついにやってきたミラーマッチ。

先行取れるも、1ターン目にエネが貼れず相手にテンポをとられました。

2ターン目に「トリニティチャージ」から《カプ・コケコV》にエネルギーをつけるも、次のターンに相手の《カプ・コケコV》の「サンダーボルト」で《カプ・コケコV》が倒されて手詰まりに。

最後に《そらとぶピカチュウV》でマヒを狙ったコイントスも裏となり敗北…

苦手なミラーマッチを取ることができなかったものの、「サンダーボルト」で《カプ・コケコV》を狙うパターンなど勉強になった1戦でした。

スポンサーリンク

おわりに

新年最初のシティリーグはベスト8といった結果でした。

もうすぐ新しいレギュレーションがはじまりますが、今回得た学びを糧に次は優勝目指して頑張りたいと思います!

今回は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】大宮駅周辺のカードショップ巡ってみた!【2021年版】
【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ
【ポケカ】ロストバレットちょい考察
【ポケカ】33歳初心者がはじめてジムバトルに参加してきた話

コメント