【ポケカ】はじめてのシールド戦参加!ルカリオHR争奪戦レポート

ポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

今回ははじめてルカリオHR争奪戦に参加してきたのでレポートします。

前日までは、普段参加しているジムバトルやシティリーグと違いその場でデッキを作って戦うシールド戦ということで、当日の流れがわからず不安でした。。

なにを持っていったらいいのかすらよくわからない…

でも参加してみたらとても楽しい時間を過ごすことができました!

結果は残念ながら予選敗退。笑

そこで今回は当日の過ごし方や必要な持ち物など、まだシールド戦に参加したことなくて当日が不安…ていう人に向けにまとめていきます。

スポンサーリンク

大会概要

知っている方も多いと思うので大会の概要を簡単にまとめます。

「ルカリオHR争奪戦」は強化拡張パック「白熱のアルカナ」を10パック購入し、その場で当てたカードでデッキを作って戦い、優勝者にはHR(ハイパーレア)の「ルカリオVSTAR」が与えられるという大会です。

全国のポケモンカードジム、ポケモンセンターで開催されていますが、事前にポケモンカードゲーム プレイヤーズクラブで抽選に応募し、当選すると参加できます。

複数応募できましたが、どの日程になるか当選するまでわからないのがつらい…

1次、2次の抽選で落ちて、今回3次エントリーでやっと当選したので参加してきましたー

スポンサーリンク

当日の流れと必要な持ち物

今回は「ドラゴンスター秋葉原駅前店」で開催されたルカリオHR争奪戦に参加してきました。

当日の流れや必要な持ち物は開催される店舗によって異なると思いますので、あくまで参考としてご確認ください。

必要な持ち物

プレイヤーズクラブに書かれていた持ち物リストはこちら。

  • 参加費(2,600円)
  • ご自身のプレイヤーIDが書かれたもの(スマホ)
  • バトルに必要なもの(ダメカン、コインなど)

ここに明記されていないもので必要と感じたのはスリーブ(40枚+予備)です。

プレイマットは注意事項にも書かれていますが、当日は使用できなかったので不要です。

特にスリーブについては、後述しますが1枚1枚チェックされたので予備も合わせて新品を持っていくことをおすすめします。

当日の流れ

受付

店舗に到着したら受付に行きました。

そこで参加費(2,600円)の支払いプレイヤーIDの確認をしました。

受付をしたら大会で使うデュエルスペースの空いている席に座って時間を待ちます。

開会式

時間になると開会式のような感じで当日の流れの説明を受けました。

その後、名前を順番に呼ばれてデッキ構築用の席に移動します。

デッキ構築用のグループと実際の対戦グループは別でしたね。

スリーブチェック

席についた後にスリーブチェックが行われました。

使用するスリーブを40枚テーブルの上に出して、イベント担当者が1枚1枚チェックしていきます。

ポケカ公式の新品を出しても、スリーブの端が少し他のスリーブと異なっていたり、反りが強かったりと不正が疑われそうなものは交換させられていました。

ひとりひとりのスリーブを40枚分1枚1枚チェックされると思っていなかったので緊張感のある時間でした。

これから参加する方は新品であっても交換になる可能性あるので余分にスリーブを持っていくことをおすすめします。

チェックする人も大変そうでした…

配布物

いくつか配布物が配られました。

  • デッキあがりシート
  • バトルエントリーシート
  • スコア表
  • ジップロック
  • ボールペン

デッキあがりシートは大会のパンフレットのようになっていて、開くと下の写真のようにデッキに入れるカードを並べて構築を助けてくれるようになっています。

デッキ上がりシート

デッキ上がりシート

バトルエントリーシートはこの後開封したパックから出たカードを1枚1枚チェックするものです。

なんのカードが出たかをちゃんと記録しておくようです。

スコア表は予選の対戦結果を記録するものです。

ジップロックは配布物他、当てたカードやデッキを持ち運ぶときに入れるもので、トイレに行く際にはジップロックにすべて入れて受付に預けていく形になってました。

スマホも出すの禁止でジップロックの中のものしか出せないので、まるで試験会場のような感じです。

パック開封からデッキ構築

その後、2人に1箱ずつ「白熱のアルカナ」が配られ、これを10パックずつ分け合いました。

パックはバラバラに選んでいいわけではなく、前半10パック、後半10パックのようにきっかり半分で分ける必要がありました。

パックを開封したら、中に入っていたカードをバトルエントリーシートに記入しました。

記入後にパックを分け合った人とお互いのカードとシートに記入した内容が合っているか確認し合います。

このあたりでエネルギーカードが配られました。

ちなみにエネルギーカードは大会後にお店に返す必要がありました。

チェックが終わるとデッキ構築に入り、デッキ構築の時間が終わると予選のグループに案内されました。

ここまでが対戦までの大まかな流れです。

通常の大会より対戦までの時間が長くて新鮮でした

スポンサーリンク

対戦結果

ここからは当日の僕の対戦結果の共有です。

結果的に1勝2敗で予選敗退していますので、興味のある方のみご覧ください。

デッキ紹介

デッキ

これが今回使ったデッキです。

ここに基本炎エネルギー×8、基本水エネルギー×8を追加して使用しました。

《セレナ》が出なかった意外はけっこういいカードを引いた気がしました。

結果的にいうと《ヤトウモリ》《エンニュート》ラインがほぼ出番なくて、2-2で出たとはいえ他のカードにしておけばよかったです。

1試合目

じゃんけんに負けて後攻になりました。

お相手《レシラムV》に対してこちらは《ペラップ》でスタート。

手札に《ヒンバス》がいたので、後攻1ターン目で「かくせい」からの進化を狙います。

狙い通り《ヒンバス》を進化させて、後攻2ターン目に《レシラムV》に《ミロカロス》の「メロウウェーブ」が決まります。

眠ったままなら勝ちまで一直線でしたが、コインで表になり《ミロカロス》がきぜつします。

さらに相手のベンチに《アローラロコンV》が育っていて負けムード…

ところが《レシラムV》のきぜつを嫌って《アローラロコンV》に交代した次の番に、《かがやくジラーチ》の「ほしのわざわい」で2回連続表が出てサイドを2枚獲得。

そのままこちらも《レシラムV》を育てて勝利しました。

シールド戦らしいコインゲーになりました。笑

2試合目

1勝同士の戦いで勝てば予選突破がぐっと近づきます。

じゃんけん負けて先行スタート。

こちらは《カイオーガ》と《レシラムV》でスタート、《カイオーガ》をバトル場にします。

相手は狙い通りか後攻1ターン目に《ドーブル》の「いろいろパレット」で《アローラロコンV》にエネルギーがつきます。

《ドーブル》つよい…

なんとか《カイオーガ》にエネルギーをためて「ダイナミックウェーブ」で《アローラロコンV》を狙いますが、《きんきゅうゼリー》をつけられてワザをうっても実質60ダメージ…

そのまま流れで負けました。。

3試合目

なんとか2-1で終わりたい3戦目。

またまたじゃんけんで負けて先行スタート。

すると相手が《ホエルコ》に「いろいろパレット」でエネルギーをつけだし、完成した《ホエルオー》になにもできずにほぼストレート負けしました。

《ドーブル》つよい…

スポンサーリンク

感想

今回ははじめて参加したシールド戦をレポートしました。

コイントスで勝ち、ドーブルに泣いた3試合でした。

結果はあまり良くなかったですが、楽しい時間を過ごすことができ参加して良かったです!

なかなか抽選がきびしいですが、またこういったイベントが開催されれば参加したいなと思います。

今回は以上です!

・・・

当ブログではポケカにまつわる体験記やポケモンのアーケードゲーム「メザスタ」の攻略等、ポケモンを楽しむきっかけになるような情報を書いています。 ポケモン好きな人とつながりたいので、ぜひTwitterのフォローをよろしくお願いします!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】大宮駅周辺のカードショップ巡ってみた!【2021年版】
【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ
【ポケカ】ロストバレットちょい考察
【ポケカ】33歳初心者がはじめてジムバトルに参加してきた話

 

コメント