【ポケカ】ディアンシー考察とサンダースVMAXデッキ紹介

ディアンシー考察ポケカ
スポンサーリンク

こんにちは、レオです!

今回は強化拡張パック「バトルリージョン」で登場した《ディアンシー》を採用したデッキを紹介します。

ベンチのたねポケモンを《ボスの指令》から守れる特性を持っているので、ポケモンVが進化前に倒されてしまうのを防ぐことができます。

この記事の内容

  • ディアンシーの特性・性能
  • ディアンシー採用サンダースVMAXデッキ紹介
《ディアンシー》と《サンダースV》は相性バツグンです!
スポンサーリンク

ディアンシーの特性・性能

ディアンシー

《ディアンシー》は特性「プリンセスカーテン」により自分のベンチのたねポケモンを相手のサポートから守ることができます。

これにより先行2ターン目に《ボスの指令》で進化前のポケモンV等を倒されるリスクを軽減できるため、自分のプランを遂行しやすくなります。

またワザ「スパイクドロー」は無色1エネで使えて、ダメージを与えつつ2枚ドローできるので、どんなデッキにも採用しやすい汎用性があります。

《ディアンシー》の用途としては、高火力を出すために数ターンの準備が必要なポケモンを守ったり、《モルペコV》のようなカードと組み合わせることが注目されてます。

モルペコV

《モルペコV》はワザ「エレキホイール」で相手に150ダメージを与えつつ、ベンチに戻ることができるので、交代で《ディアンシー》を出すことでポケモンVを倒されることなくダメージを蓄積させサイドレースを有利に進めることができます。

このようなデッキでは《ディアンシー》を4枚採用することも検討されますね。

続いて《ディアンシー》を採用したデッキを紹介します。

スポンサーリンク

ディアンシー採用サンダースVMAXデッキ

ディアンシー採用サンダースVMAXデッキ

今回は《サンダースVMAX》デッキに《ディアンシー》を採用してみました。

採用の背景としては、《サンダースVMAX》デッキは後攻の際に、相手に先行2ターン目で《サンダースV》を倒されやすいことが課題としてありました。

そこで後攻の場合に《ディアンシー》を場に出しておくことで、ワザによるドロー加速ベンチを守る相手のポケモンにダメカンをのせるという3つの役割を果たすことができます。

また《サンダースV》の逃げるためのエネルギーが0なため、《サンダースV》でスタートした場合にも、《ディアンシー》にスイッチさせやすく相性が良いです。

《サンダースV》のように逃げエネが0のポケモンでスタートしやすいデッキは《ディアンシー》の採用価値が高そうです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は《ディアンシー》と《サンダースVMAX》のデッキ紹介をしました。

《モルペコV》にように《ディアンシー》の特性をフル活用したデッキや今回紹介した《サンダースVMAX》のように《ディアンシー》を1枚刺すことで幅が広がるデッキ等、活躍の場は広そうなので今のうちに集めとくといいカードかもしれませんね。

《ダークライV》のように火力を出すために時間がかかるカードを主軸にしたデッキに採用しても面白そうです。

今回は短いですが以上です!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

人気ランキング

【ポケカ】2022年注目の非エク(非V)デッキまとめ
【ポケカ】ロストバレットちょい考察
【ポケカ】ミルタンク(ミラクルボディ)対策まとめ
【ポケカ】攻めのジャローダVSTAR
【ポケカ】きままにおよぐデッキを作ってみた

コメント