遊戯王カードの宅配買取「王の洞窟」の利用手順と評価

遊戯王パパの節約

カードショップが近所にないんだけど、宅配買取ってどうなんだろう

 

こんな悩みを解決します。

今回、学生時代に集めていた遊戯王カードが押入れから出てきたので、遊戯王カードの宅配買取をやっている「王の洞窟」さんで実際に買い取っていただきました。

Googleで「遊戯王 宅配買取」と検索すると上位に出てくるショップなので、遊戯王カードを売ろうとした人なら一度は目にしているはずです。

検索結果

僕が検索したときは1位でした

実際に僕自身が買取を申し込む前の悩みはこんな感じでした。

王の洞窟に買取申込みする際の悩み

  • ネットでは評判が高いようだけど本当のところはどうなんだろう
  • 宅配買取ってどれくらい手間がかかるんだろうか
  • 入金までの期間はどれくらいかかるのだろうか

買取申込みから入金までが完了したので、申込みから入金までの流れと感想を紹介したいと思います。

この記事の内容

  • 王の洞窟の買取申込みから入金までの流れと期間
  • 実際の査定結果

実際の買取体験を知って、買取店舗の検討に役立ててください。

スポンサーリンク

申込みから入金までの流れ

王の洞窟さんのホームページにも書かれている通り、入金までのステップは3ステップになります。

  1. 申し込み
  2. 箱詰めして発送
  3. 査定結果・入金確認

それぞれ具体的に紹介していきます。

ステップ1 申し込み

申し込みはこのページの最下部にフォームがあり、そこから申し込めます。

カードの配送用に使う箱も3種類から選べて、無料で利用できるので、自分で準備する必要がなくとても便利でした。

申し込みから数日で選んだ箱と買取の申込書が送られてきます。

ステップ2 箱詰めして発送

送られてきた箱にカードを詰めて、申込書と免許証等の身分証明書を同封して返送します。

僕は一番小さい箱を選んだのですが、それでも箱の半分くらいしか使わず、残り半分に運ばれている最中にカードが動いて傷が付かないようにダンボールで間を埋めました。

箱詰めできたら近所の郵便局に持っていって発送します。

着払いの伝票で来るので料金の負担はありませんでした。

ステップ3 査定結果・入金確認

配送が完了すると「商品到着のご連絡」という件名のメールが届きます。

ここから査定完了まで待つことになるのですが、年末だからなのか、人気だからなのか、配送完了から査定完了まで1週間ちょっと待つことになりました

「売りたい」と思ってから入金まで時間がかかるのが宅配買取のネックになるので、いますぐお金が必要な人には不向きです

査定が完了すると、「査定結果のご連絡」というメールが届きます。

このメールに査定の金額が書いていて、【買取承諾】の返信をすることで、申込書に記載した口座に入金がされます。

もしくは金額に納得いかずに【カード返却】の返信をすると、着払いでカードが返送されるとのことです。

スポンサーリンク

実際の査定結果

遊戯王

続いて実際の査定結果を紹介します。

僕が当時集めていたのは遊戯王GXからZEXAL(ゼアル)の初期のカードです。

特に希少価値が高いカードは持っていなく、素人保管というか押入れに突っ込んでおいただけなので、傷がついているカードも多かったです。

3,000円くらいになればいいかなというくらいだったのですが、実際の査定結果が以下になります。

▼状態に問題が無いカード、又は微キズ程度のカード

ダメージなし

▼「キズ有り」と判定されたカード

ダメージあり

 

合計は3,697円でした。

まあ予想通りでしたね。笑

個別の査定結果も特別違和感がなく、メルカリとかでも同等の金額で売られていたりしたので許容範囲内でした。

明細自体は査定結果の連絡には含まれておらず、査定結果の返信で「明細がほしい」と連絡したところ、PDFで教えていただけました。

メールの対応がすごく丁寧で好印象でした。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、遊戯王カードの宅配買取として「王の洞窟」さんの申込みから入金までの流れと実際の査定額を紹介しました。

僕個人としては以下のように結論づけました。

王の洞窟の宅配買取評価
  • 申し込みから入金までの手間が少なくて楽チン
  • 査定金額も高くもなく安くもない
  • 配送から入金まで時間が1週間程度かかるので、即金制は☓

最後の即金制に関しては、宅配買取自体の特性だと思うので、王の洞窟さんの宅配買取自体には概ね満足しています。

特にメルカリですらめんどくさいと思っているズボラな僕にはぴったりでした。

昔遊んでいた遊戯王カードが残っている人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

コメント